【家庭菜園】初心者がニンニクを貸農園で栽培してみた!

菜園
スポンサーリンク

こんにちは。夏にトマトと茄子を植えていたエリアにニンニクとビーツを植えました。

この記事ではニンニクの栽培記録を記します。ニンニク大好きなんです、私。

ニンニクは病気になりにくく、育てやすい作物らしいです。植え付けが9月下旬ごろなので、夏野菜を撤収したあとにいいですね。連作障害が起きやすいので、植える場所は毎年変えないと。

土の準備と植え付け

種ニンニクはホームセンターで購入することができます。あとはネットで入手可能で、私はメルカリで購入しました。

トマト・茄子を撤収したエリアに苦土石灰を撒き、牛糞堆肥を混ぜて耕して1~2週間寝かせれば準備OK。週末家庭菜園なので、マルチシートを敷きました。

ペットボトルを切ってマルチカッターを自作してみました。買うと高いからね。残念ながら耐久性に難あり、数回使用したらひしゃげてしまいました。

とがっている方を上に向けて植えつけたらビーツと一緒に防虫ネットを被せました。雨除けにもなるでしょう。

皮をむいた方が発芽しやすいらしいですが、面倒なのでそのままにしました。

発芽してからのお手入れ

防虫ネット越しなので見にくいですが、ちゃんと発芽しています。

植え付けから約20日で葉が4枚になっていました。せっかく防虫シートをはがしたので鶏糞を撒いて追肥しました。

ここ3週間ほどで大きさがほとんど変わっていないのですが、こんなもんなのかしら。

適宜更新します

プロのサポートつき!てぶらで農業体験!【シェア畑】

最近は農業体験が注目されています(たぶん)。

こちらのシェア畑では、手ぶらで農業体験が可能!苗や肥料の提供や農具の貸出し、プロのサポートまでついています。

「失敗したくない!」「続けられるかわからないから農具を買うのはちょっと・・・」なんて方にピッタリのサービスです。

小平市周辺だと、西東京市・三鷹市・府中市に農園があります。お近くの方は、オンライン説明会を受けた後に、実際に農園に見学に行ってみてください。

畑仕事は楽しいですよー。子どもの教育にもいいですし。

コメント

タイトルとURLをコピーしました