都内No.3の広さ!老若男女におススメ、小金井公園

公園
スポンサーリンク

小金井公園は、東京都小金井市と小平市・西東京市・武蔵野市に跨る広大な都立公園です。路線でいうと、中央線東小金井~武蔵小金井、西武新宿線田無~花小金の中間に位置します。

面積は約80ha、歩いて一周すると一時間は優にかかります。

桜の名所として有名で、上記の『花小金井』という地名はそれに因んだものです。

自然を楽しむ

小金井公園の魅力は、東京都の住宅地とは思えない大自然です。

まず、複数の広大な原っぱがあります。親子が遊んでいたり、学生がトレーニ

ングをしていたり、テントを張ってゆったりしている人もいます。

あとは自転車道があります。雨などで路面状況が悪いと封鎖されています。

子どもが自転車の練習をしていたり、歩行者がいる場合もあるのでスピード注意。

そのほかにも、バーベキュー広場があったり、無料で使える登録制のドッグランがあります。

小型犬のみ、中型犬以上、フリーの3区画になっているので、安心です。

子供向け遊具

結構大掛かりな遊具が置いてあります。

この奥にはローラー滑り台があります。手前に見えるのはターザンロープです。

あと、大きなソリ山がありソリ滑りができます。コロナの影響で、ソリの貸出しが中止されているので、自前のものを持参しましょう

もちろん、定番の滑り台や砂場・ブランコなどもあります。

SLも展示されています

西側の出入り口近くにはSLが展示されています。機関部に入ることができます。

スポーツ施設

小金井公園には、様々なスポーツ施設があり、リーズナブルに利用できます。

屋内施設

わんぱく山近くにある体育館には様々な施設があります。

フィットネスジム

まず、誰でも1時間200円で利用できるフィットネスジム

バイクやランニングマシンなどの有酸素系マシンもあれば、ベンチプレスやダンベルなどのウエイトリフティングや、ラットプルダウンやマシンスクワットなどのトレーニングマシンもあります。

たまに体操スクールが開催されていて、おばちゃん達が体を動かしています。

2021年8月現在、コロナウイルス感染拡大防止のため、消毒をしながら利用するようになっているようです。

温水プール

ジムと同じ建物には温水プールもあり、こちらも1時間200円で利用できます。子どもは50円。

ビート版などが無料で貸し出されているほか、大人の膝くらいの深さの子どもプールもありますので、子どもが泳ぐ練習をするのに丁度いいです。25mプールの半分は泳げる人が回遊するレーンで、半分は自由に泳ぐことが出来るようになっています。

2021年8月現在、コロナウイルス感染拡大防止のため60人までの入場制限と、1時間までの利用制限を設けています。以下のツイートの通り5分オーバーでも超過料金が発生しますので、ご注意ください(大した金額じゃないけど)。

夏なんかは特に気持ちいいですね~。

その他 体育館など

あとはバドミントンや卓球ができる体育館や、剣道場などがありました。

屋外施設

10面以上のテニスコートがあります。学生の大会会場になっていることもあります。

あとは野球場や、スケボーの練習場所、バスケットボールのハーフコートが3面、ゲートボール場など。

江戸東京たてもの園

小金井公園敷地内には江戸東京たてもの園という施設があります。入場には料金がかかります。

昭和に実際に存在していた建物を移築していて、中にはカフェやそば処があります。ジブリの宮崎駿監督も来ていたとか。

実際、千と千尋の神隠しのモデル(釜じいの部屋)になった建物(硯屋さん?)もあり、なかなか見ごたえがあります。

2020年の夏は、感染症対策で建物内は入れなかったのですが、11月現在は人数を制限して内部観覧を再開しております。

敷地内には武蔵野茶房というローカルカフェが出店しており、趣深い建物の中やテラスでケーキやコーヒーを楽しむことができます。入り口から少し左に進んだところにあります。

外観
おしゃれな店内

こちらは宮崎駿監督もいらっしゃったという、うどん屋さん。入り口から右に進んだ奥のほうにあります。

施設について|小金井公園|公園へ行こう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました